少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

バイクの大型免許を費用をかけず取得期間30分で取るために大事な5つのこと

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

スポンサーリンク

バイクの大型免許を費用をかけず取得期間30分で取るために大事な5つのこと

この記事は大型バイクの免許を教習所に30分通って取得した方法

を紹介しています。

その経緯はこちらの記事を御覧ください。

スポンサーリンク

教習時間30分で何が出来るのか!

予約した日に教習所に通い先生に挨拶をしました。

「バイクの試乗をしに来たんですか?」

と聞かれました。

まあ試乗と言われれば試乗です笑。

教習車はCB750

人生で乗ったことないですし、大型バイクのパワーも知りません。

私がこの時乗っていたバイクはCB250F

同じCBですが、排気量が全然違います。

担当教官に私の趣きを伝えました。

「無理じゃないけど、非常に難しい。でも挑戦して見る価値はあると思います。」

私は、正直30分の教習で何が出来るのかと思っていました。

バイクで大事なのは、安全であること

教習時間30分であれば、無駄な説明は全くありませんでした。

すべて知ってる前提。

バイクに乗りコースを走りながら最終確認がいきなり始まりました。

  • バイクに乗るときの安全確認
  • バイクの走る位置
  • ウインカーを出すタイミング
  • メリハリの付いた加速
  • 停止した状態からの発進の際の確認
  • 降りるときの周囲の確認

これは熟知していないと厳しいということでした。

難しいように思えますが、頭で考えなくても教官の真似をすれば良いだけですので

問題はありません。

試験官が好きなバイクの乗り方

試験管は、白バイ隊の人が行うというのを聞いたことがあります。

本当かどうかわかりませんが・・・

バイクのお手本となるのは、まさに白バイの乗り方です。

スムーズに加速して、ふらつかず曲がっていく。

停止したら、必ず後方確認を行ってから走り出す。

この走り方をマスターすれば、試験は合格できるとのアドバイスを貰いました。

特に減点される対象というのは安全確認不足

技術的にミスすれば1発アウトですが、安全確認不足はジワジワ減点してきます。

安全確認による減点を減らす5つのポイント

私なりの対策ですが、

  1. オーバーアクションをして安全確認をアピールします。
  2. 乗車前は指差し確認をして、360度確認します。
  3. 左折、右折の時もテールランプが見えるまで後ろを向きます。
  4. 見通しの悪い交差点では、前のめりになって左右を確認します。
  5. 見通しの良い交差点でも、車が来て無くても左右を確認します。

これを最重要視して教習を行いました。

別に試験の時は、目ているかどうかは重要ではありません。

顔を左右に向けているかが大事笑。

公道では、しっかり見ることが大事です。

大型バイクには立ってバイクに乗り、波状の障害物を超えるテクニックがありますが

簡単なので、問題無いです。

30分の教習では、10分間テクニック的な練習、20分間法規走行を行いました。

やはり、法規走行が一番重要で試験コースは完璧に暗記して

どこに来たらウインカーを出して幅寄せしていくかなどを完璧に覚えることが大切です。

言い換えれば、教習所での成績は関係なく、試験コースが完璧であれば問題無いということです。

バイクの免許が難しいと言われる原因

おそらく、巷で噂されているバイクは難しいというのは

安全確認をしているように見えないという事が減点対象になっているのではないでしょうか。

バイクを運転するとき、ヘルメットを被っていて採点者からはヘルメットしか見えません。

目だけで確認してもヘルメットが動かなければ確認しているようには見えないわけです。

逆に、確認してなくてもヘルメットが動けば確認してるように見えます。

一度、バイクによる教習を受けた人はわかると思いますが、

技術的な走行

スラローム、クランク、一本橋、波状路、一定スピードまでの加速

などに関しては、小さな女性でもこなせるような技術しか必要ないです。

強いて言えば、急制動は多少なりとコツが入りますし、

タイヤがロックして転倒を経験したライダーであれば

トラウマ克服が必要になります。

技術面での問題は、ほとんど無いです。

白バイ隊員のようなスーパーテクニックは全く要らず、

最低限のテクニックさえあれば大丈夫です。

実際に身長155センチの女性でも

大型バイクをここまで操っているので、誰でも試験ぐらいは受かるはずです。


試験場に行けばわかりますが、合格していく人は思いっきり安全確認を行います。

試験中止の宣告を受ける人は、安全確認の際に、ほとんど首が回りません。

目だけで確認しているのだと思います。

試験は魅せ方が重要になっているのです。

バイクに乗る前に基本的な乗り方はDVDで勉強する。

バイクには基本的な乗り方があります。

それは理論的なことが含まれるのでDVDで勉強することが

合格への一番の近道です。

いくら教官から教えてもらっても、教官が言っている本当の意味が分からなければ意味がないからです。

あるサイトで紹介してあったライディングテクニック習得方法は、バイクに乗らなくても自分で練習できる方法だったり、体の使い方を説明してくれたので、教習所でバイクに乗ってからすぐに身につけることができました。

私が購入した当時は、数量限定の商品だったのですぐに完売していたようでしたが、幸運にも再販があり、すぐに手に入りました。

このDVDはとっても分かりやすく、なんと全額返金保証がついているので

万が一合わなくても、返金してもらえます。

私が限定解除をするために勉強させてもらったサイトを紹介する許可を受けたので、もし最短で限定解除を目指している方は見てみてください。

バイクの免許の費用を下げて最速で習得するために知っておくべきこと

スポンサーリンク
【無料公開中!バストアップ法】
【無料公開中!バストアップ法】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
人の役に立つ、そして広める。ー La beele ー

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

ドモホリンクル