少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

岡平健治が現在は年収2億円でビルを所有する投資家になっていた

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

スポンサーリンク

岡平健治が現在は年収2億円でビルを所有する投資家になっていた

スポンサーリンク

岡平健治 元19のヴォーカル 職業アーティスト

1998年から2002年まで活動した「19」と言うバンドグループで

中心的なメンバーだった岡平健治さん。担当はヴォーカル、ギター、ハープ

50万枚の大ヒットとなった「あの紙ヒコーキ、くもり空わって」で紅白歌合戦に出場した。

しかし、2002年音楽性の違い等から解散している。

26歳の時に投資で成功をおさめる。

CDが大ヒットし、5000万円の印税を手にする岡平健治さんは、このお金を元手に

投資を始めたそうです。

芸能人といえば、税金対策で飲食店やお店を出すことが流行っているのに

なんと海外投資に目をつけます。

具体的な投資先は、オーストラリアドル、中国株。

実は、岡平健治さんは22歳の時から始めた株などでお金を貯めていたそうで、

投資に関してはある程度経験があったようです。

その選択は間違っていなかったようで、5000万円が数倍になったそうです。

そして26歳という年齢で数億円の資金を手にします。

岡平健治さんは、この数億円の資金をさらに投資し

アパレルや飲食店にも挑戦したそうです。

成功と失敗を重ね投資家、実業家として経験を重ねた岡平健治さんは

約5億円とも言われる自社ビルを2012年に購入。

その1年後の2013年にはロックフォードレコード株式会社の会長に就任することになります。

なんと年収2億円とも言われている岡平健治

2012年に購入した自社ビルは自宅と事務所、更には

賃貸やバーまであるそうで、家賃収入が結構あるようです。

家賃収入、会社の利益、個人の音楽の印税などを合計すると

岡平健治さんの年収は2億円だと本人が取材で明かしているようです。

アーティストの枠を超えて経営者としても活躍する岡平健治さん。

実は、デビュー当時は全然お金が無かった。

デビュー当時は極貧生活。

現在は裕福な生活をしているであろう岡平健治さんですが、

デビュー当時の2年間は風呂なしアパートに住んで夢を追いかけ

収入は月収10万円の時代があったみたいです。

おそらくお風呂も毎日は入れないし、食事も取れない時もあったんでしょうね。

それでも諦めなかったから今の成功があるのかもしれません。

スポンサーリンク
【無料公開中!バストアップ法】
【無料公開中!バストアップ法】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
人の役に立つ、そして広める。ー La beele ー

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

ドモホリンクル