少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

博多どんたくの花自動車に100%触ることが出来る穴場スポット!

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

スポンサーリンク

博多どんたくの花自動車に100%触ることが出来る穴場スポット!

スポンサーリンク

花より電球がメインだけど通称花バス

福岡市には毎年5月3日4日は福岡市民の祭り博多どんたく港まつり

と呼ばれるお祭りが開催される。

来場者は200万人を超えゴールデンウィーク中に限っては日本一多いお祭とも言われている。

老若男女が踊りながら行進を行い、街を歩きまわるのである。

博多どんたくとは「オランダで休日を意味するゾンターク」から名付けられたそうで

市内に設けられた30以上のステージでパレードやイベントが行われ

テレビ中継されたり、博多の街が祭り一色に染まる日です。

dontaku1

博多どんたくの象徴になっている花バスというものの存在

バスのような自動車に電球を沢山付けて、パレードのように昼も夜も

走り回る自動車がある。それが通称花バスと言われている物。

その歴史が意外と古かった。

花バスは古くは明治時代にまでさかのぼり、明治43年には花電車だったそうです。

その後、戦時中は一時中断し昭和23年に戦後初の花電車が開通しました。

昭和50年に福岡市内の内線が廃止となったので、事実上最後の花電車となります。

993b59dccf5666968002b598018fe8c9

こちらが恐らく、当時の花電車です。画像の右上の部分にパンダグラフが見えるので

恐らく路面電車を改良したものだったのでしょう。

その後昭和53年に現在の花自動車(花バス)が誕生します。

そして今に至る。

FI188000_3E

現在の花バスは、アニメのキャラクターや看板などが装飾され、宣伝として使われているようです。

中でもやっぱり子どもたちに人気のキャラクターの花バスが人気がある様で、

ブログには花バスと子供を一緒にとった写真を載せている人が多かったです。

花バスは全部で6台あるので、全部写真に撮るのは難しいかもしれませんね。

気になる花バスの仕様

【車 両 サイズ】 全長:約 9.15m×全幅:約 2.49m ×全高:約 3.45m

【使用電球数】 全 6 台で約 7,200 個 (1 台あたり約 1,200 個)

【造花使用量】 全 6 台で約 60,000 個 (1 台あたり約 10,000 個)

8名の西鉄バスの運転手さんが交代で運転しているところを見ると

最低でも大型免許が必要になるのでしょうか。

確実に花バスを10分間見る方法

実は地元の人は知っていますが、大濠公園には毎年20時頃に10分間停止し

展示を行っています。

その年その年で到着時間は変わると思いますが、だいたい20時頃を目安に

しているようで、確実に見ることができます。

どうしても見たい方は、行って見る価値はあります。

スポンサーリンク
【無料公開中!バストアップ法】
【無料公開中!バストアップ法】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
人の役に立つ、そして広める。ー La beele ー

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

ドモホリンクル