少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

紫外線吸収剤による害が危険すぎて子どもに塗れない!

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

スポンサーリンク

紫外線吸収剤による害が危険すぎて子どもに塗れない!

数年前から温暖化の影響なのかわかりませんが

紫外線について社会の目が向けられていることもあり

紫外線から体を守るために日焼け止めを塗ることが

勧められている傾向にあります。

海外では、外出時は日焼け止めを塗ることが義務化されている国もあり

紫外線から身を守るということは当たり前になってきました。

簡単に紫外線から身を守ることが出来るアイテムとして

日焼け止めクリームやスプレーが市販化され

数多くの商品がドラックストアに並んでいます。

しかしこれらは安全なものなのでしょうか?

スポンサーリンク

紫外線吸収剤に害はないのか

紫外線吸収剤とは何なのか。

紫外線吸収剤とは、紫外線を吸収する事で体への負担を減らすものだそうで

一度皮膚に紫外線を取り込み、化学反応を起こさせて熱に変化させて

日焼けを起こさせないと言う流れになっています。

紫外線吸収剤はSPF値が高いものに入っている

紫外線吸収剤はSPF値が高いものに入っている傾向があり

SPF値は「紫外線防御指数」です。

目安としてはSPF値が30以上のものに入っています。

それだけ紫外線をブロックしてくれるという点では

非常に優れ物です。

実は化学反応で起こる熱に原因があった

皮膚に取り込んだ紫外線を紫外線吸収剤で化学反応をお越し

熱に変換するわけですが、この時に発生する熱が原因で

紫外線吸収剤に害があると言われています。

紫外線吸収剤による害はどんなものがあるのか

紫外線吸収剤による熱でどのような症状が出るのでしょうか

具体的には

  • しみ
  • しわ
  • 皮膚がん
  • 湿疹
  • かぶれ
  • 乳がん
  • 男性ホルモンの阻止

の危険性があると言われています。

日焼けによるリスクとそこまで変わらないという現実。

化粧品を買わせるためのメーカーの戦略にハマってしまっているかのように

見事に「塗っても塗らなくても一緒じゃん」

という感じですね。

塗ることと塗らないことの違いは、「焼けるか焼けないか」の違いしか無いみたいですね。

紫外線吸収剤の成分って何?

紫外線吸収剤の成分が分かれば

今使っているものに入っているのかがわかると思います。

しかし、化学薬品ということもあって

同じ名前のような似たような薬品が使われていたりします。

簡単にに分ける方法は

  • ケイヒ酸
  • フェノール
  • ベンゼン
  • 安息香酸

この4種類の名前がどれか一つでも入っていれば

紫外線吸収剤が使われている可能性が高いです。

実は、紫外線吸収剤は化粧品にも使用されていることがあり

ファンデーションや乳液などにも使われています。

気になる人はノンケミカル製品を使いましょう

現在では紫外線吸収剤不使用と書かれたノンケミカル製品が

販売されていて、気になる方は紫外線吸収剤フリーのものを使いましょう。

スポンサーリンク
【無料公開中!バストアップ法】
【無料公開中!バストアップ法】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
人の役に立つ、そして広める。ー La beele ー

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

ドモホリンクル