少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

日焼け止めのノンケミカル製品は要注意!紫外線吸収剤不使用とどっちが効果ある?

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

スポンサーリンク

日焼け止めのノンケミカル製品は要注意!紫外線吸収剤不使用とどっちが効果ある?

スポンサーリンク

日焼け止めにも2種類の製品がある

日差しが強くなりつつある5月頃から

ドラックストアには夏前になるとたくさんの日焼け止めが並べられ、

その中から自分が気に入ったり、使ってみたい商品を購入します。

その基準は人によって違うと思いますが、

口コミやレビューを見て使用感や効果を重視し

購入される方も多いのではないでしょうか。

pier-748491_1280

しかし、もっと細かい成分まで見ている人は少ないと思います。

実は、日焼け止めは2種類あることを知っていましたか?

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

日焼け止めには大きく分けて2種類に分けられます。

  • 紫外線吸収剤を使用したもの
  • 紫外線散乱剤を使用したもの

ノンケミカルと言うのは、紫外線散乱剤を

使用したものを指しています。


紫外線吸収剤を使用した日焼け止めに関する記事は

こちらに記載しております。


ノンケミカル製品に使われている紫外線散乱剤とは

紫外線散乱剤の役割は

肌の上で紫外線を散乱させる。

つまり、反射させる働きをしています。

原料は、粘土や金属をペースト状にしたものなので

肌に馴染みにくい特徴を持っています。

塗るとパリパリするみたいです。

紫外線吸収剤を使い慣れている人からすると

かなり使いにくいみたいですが

石鹸で簡単に落ちるので肌にも優しいメリットを持っています。

このノンケミカル製品は

  • 紫外線吸収剤不使用
  • ノンケミカル

上記の表示が書かれていることが多く

ドラックストアでは、特設コーナーが設けられている

ところもあるようです。

ノンケミカルの日焼け止めは安全性が高いのでしょうか?

beauty-355157_1280

ノンケミカルの要注意な最新コスメ

使いやすさに特化したナノ粒子という成分

ノンケミカル製品は、紫外線吸収剤に比べると

使いにくいという特徴があると説明しました。

その使いにくさを改善するために、

紫外線散乱剤の原料である粘土や金属をペースト状にした成分を

さらに細かくしてナノ粒子化して

非常に使いやすくすることに成功しました。

しかし、肌の中に入っていってしまうほど小さくする必要があったのです。

そのことにより、紫外線散乱剤の原料である

粘土や金属を体内に取り込んでしまうのではないかと言われています。

体内に取り込んでしまうと、紫外線散乱剤は溶けるものではないので

体内に蓄積されてしまうと言われています。

オーガニックの世界基準ではナノ粒子化することを

認めてないので、ナノ化している事自体疑問視されます。

現時点では、成分表示が義務化されているわけではないので

使用される際には、自分で調べる必要があります。

肌にも優しいから、体に良い訳ではないということを

知る必要があるみたいです。

スポンサーリンク
【無料公開中!バストアップ法】
【無料公開中!バストアップ法】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
人の役に立つ、そして広める。ー La beele ー

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

ドモホリンクル