少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

オーストラリアのメルボルンは初任給42万円!しかも仕事環境は世界一!

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

スポンサーリンク
海を走る男の人

オーストラリアの仕事環境は世界一レベル!メルボルンは住みやすい街世界一

夏にクリスマスがあるオーストラリアですが、
なんと、オーストラリアの最低時給は約1800円!

オーストラリアの働く環境が日本に比べてステキすぎるのでチョットご紹介。

スポンサーリンク

給料が素晴らしい!

お金がたくさん

お金がたくさん

最低賃金が時給15.6オーストラリアドルなので時給1800円にもなる。
ちなみにこれは最低ラインなので、日本で言うとコンビニとかのレベルです。

同じ時間働いても給料が3倍ほどになります。
大体、学生アルバイトのコンビニ店員の月給が7〜8万円とすると
オーストラリアでは21〜24万円になる訳です。

ちなみに、新卒者の初任給よりもチョット多い・・・

スーパーのレジ打ちは時給2300円くらいになるそうです。

システムが素晴らしすぎる!

土曜日 終日1.25倍
日曜日 夜8時まで1.5倍 夜8時以降1.75倍
祝日  終日2倍

アルバイトでもこのシステムをほとんどの店舗が採用しているので
土日祝日は稼ぎどきみたいですね!

日本では、残業時間にならないと1.25倍なんてならないですが
終日1.25倍になればかなり違います。

ちなみに社会人はこれ以上稼いでいる。
日本の新卒の給料の2倍が、オーストラリアの新卒の給料だそうで
新卒の給料の平均が42万円だそうです。

単純に日本の年収700万円クラスの人と同じくらいの給料を貰っているんですね・・・。

しかも賃金水準は1985年から現在にかけて上がり続けているようです。

なぜこんなに給料が高いのか?

給料が高いのには、それなりの理由があるわけで
お察しの通り、物価が高いんです。
旅行したことがある人は知っていますが、缶ジュースが300円くらいしたり、
日本の2倍以上のお金が必要になります。

家賃が10万円以下の部屋を探すことは、まず無理だとされています。
外食費、家賃、税金などが全部高いんです。消費税は10%。

でも、働く環境が日本に比べて素晴らしい!

残業などは全くしないので、逆に残業している人は非効率な人だと思われてしまいます。
締め切りに間に合わせるために残業をしても評価されません。そこは厳しいです。

仕事よりも、家庭を大切にする考え方が根本にあるので、
家庭を犠牲にしてまで仕事をすることは、悪だとされています。

夕日を見る夫婦

有給休暇の消費率はほぼ100%。もしも消化できない場合は、企業が買い取るか、退職前に消化します。

日本と大きく違うところ

会社に対しての依存がないので、キャリアのためや、自分が何をしたいのかというところで
転職をすることが出来る。

日本だったら、裏切り者扱いを受けたり、悪者扱いされる場合がありますが、
オーストラリアは応援してくれるようです。

その人の能力によって役職が決まるので、モチベーションが高い。

時間にルーズなので、10分の遅刻は問題ないそうです。
電話などの取り次ぎもかなり待たされることがあるようです。

この辺りは、日本と大きく違うところですね。

住みたい地域4年連続1位を獲得したメルボルン

メルボルンの町並み

メルボルンの町並み

経済が成長し、安定し、安全な民主主義国のオーストラリア。
その都市である、メルボルンは4年連続1位を獲得しています。

オーストラリアの首都はキャンベラですが、メルボルンのほうが注目されています。

こんな素晴らしい街に一度行ってみたいものですね!

スポンサーリンク
【無料公開中!バストアップ法】
【無料公開中!バストアップ法】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
人の役に立つ、そして広める。ー La beele ー

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

ドモホリンクル