少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

JALファーストクラス搭乗記!国内線の料金とラウンジを紹介

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

スポンサーリンク
飛び立つ飛行機

ファーストクラスは意外と安く乗れる!

国内線のファーストクラスであれば
そんなに高くありません。

飛び立つ飛行機

詳しくはこちらの記事に書いてあります。

今回はJALのファーストクラスに乗った時の
感じと流れをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

JALファーストクラスと記載されたチケット

ファーストクラスのチケットには
「JALファーストクラス」と記載されています。
このチケットを持っているとJALラウンジが利用できます。

羽田空港では「ダイヤモンドプレミアムラウンジ」と「サクララウンジ」
という2種類のラウンジがあり、ファーストクラスの方は
両方利用できます。

ファーストクラス専用のチェックカウンターに荷物を預け
飛行機に乗る手続きを済ませた後に、セキュリティ検査を済ませます。
そしてラウンジに向かいます。

空港のラウンジ

高級感のある廊下を抜けると、広い部屋に
ソファーがいくつもあり、奥にはマッサージチェアも準備されています。

シャワールームが完備されている事は、意外と知られていません。

ラウンジ内には、軽食、飲み物が用意されており
リラックスして自由に過ごせるようになっています。

時間帯によっては、ビールやウイスキー、ワインなども置かれています。

搭乗までの時間をラウンジで過ごし、搭乗時間になれば
ファーストクラスから誘導されます。

ファーストクラスは優先搭乗のサービスが受けられるので
待ち時間などがありません。

搭乗した後は、ファーストクラスのシートに案内されます。
席につくとCAさんが来ます。

そして、着ている上着などを預かってもらえます。
再びCAさんが戻ってきて挨拶と自己紹介があります。

「〇〇様をお世話させていただく××と申します。・・・・・」

挨拶と言ってもビジネスでよくあるこんな感じの挨拶です。

シートについてですが、
ファーストクラスのシートは足を伸ばせるようになっています。
隣のシートとも仕切られているのでプライバシーが確保されて
気を使わずに済みます。

JALのファーストクラスでは、アメニティとして
ヘッドフォン、スリッパ、ブランケットなどが完備されているので
リラックスして空の旅ができます。

ヘッドフォンも2015年6月から国際線に限りますが
QuietComfortR 25 headphones JAL専用モデル
になっており、ノイズキャンセリング機能がついた
高級モデルを採用しています。
国内線でも数万円のヘッドフォンが使用されています。

食事やドリンクメニューも他のクラスとは違うので
ファーストクラス専用のメニューが用意されています。

機内食は、すでに決まっているケースと
その季節の旬の食材を使用したメニューが書かれており
その中から選ぶケースもあります。

美味しそうな料理
食事は、料亭や有名店と提携している場合が多く
メニューに細かく記載されています。

それはまるで懐石料理を食べているかのような機内食です。

ファーストクラスのシートにあるテーブルはかなり大きくしっかりしています。
そこにたくさんの食事が準備され気兼ねなく食事をすることができます。

飲み物も、高級シャンパンや高級な焼酎などが置かれています。

料金は意外に安く手の届かない世界でもない。
JALファーストクラスの料金は、意外に安く
ランクアップで8000円です。

福岡空港から成田空港まで21日前予約で
往復32000円ほどで乗れます。

ビジネスクラスは25000円ほど、エコノミークラスは24000円なので
そんなに手が届かない額ではないことがわかると思います。

ちなみに国際線の
東京発NY行きのファーストクラス往復200万円です。

一度経験したいものです。

スポンサーリンク
【無料公開中!バストアップ法】
【無料公開中!バストアップ法】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
人の役に立つ、そして広める。ー La beele ー

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

ドモホリンクル