少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

修学旅行に携帯電話を確実に持っていく方法!

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

スポンサーリンク
カバンのチェック

修学旅行に携帯電話を確実に持っていく方法!

修学旅行は思い出にもなるとても楽しい行事です。
デジカメや、一眼レフカメラを持っていくことが許されても
携帯電話を持っていくことが許されている学校はあんまりないみたいですね。

昔と比べると、やっぱり携帯を持っている人がとても増えているので
ルール違反をしてでも携帯を持っていく人が増えているそうです。

私も同じ立場だったら持っていくことを選ぶでしょう。

でも、修学旅行は初めての経験が沢山なので不安がたくさんあると思います。

先生に没収されるリスクを負ってでも
携帯電話を確実に持っていく方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

飛行機意外は簡単に持っていける。

修学旅行の移動が新幹線やバスの場合、
バスの運転手や新幹線の駅員による手荷物検査などはないので
先生たちにさえバレなければ割と簡単に持っていくことができます。

修学旅行のスケジュールは結構タイトに作られています。
つまり、修学旅行が始まってしまえば、あんまり時間がないのです。
実際に、修学旅行中は急がされます。

先生たちは、生徒の荷物の心配をする余裕が無いので
修学旅行中に荷物のチェックなどは無いです。

荷物のチェックがあるなら
修学旅行の前日、もしくは出発前です。

先生による荷物チェックをパスする方法

携帯電話は、最初からトイレ、靴箱などの後から出入りできる場所に置いておき
チェックを受けた後に取りに行くのが一番リスクがなく、確実です。

例えば制服のポケットに入れておくこともできますが、
身体検査があったり、急に緊張した顔になってしまうと
さすがの先生も感づきます。

かばんの中に入れておくのも、かなり緊張するので
リラックスしておける「別の場所に隠して後から取る方法」が確実です。

カバンのチェック

万が一。この記事を先生が読んでいても隠し場所までは分かりません。

修学旅行中に携帯電話が見つかるケースで一番多いのが
携帯電話が鳴ることです。
マナーモードにしていても、アラームが作動したり
iPhoneはマナーモードが外れやすいので
気がついたら解除されていて携帯電話が鳴ってしまったなどあります。

確実に音が鳴らないようにしておきましょう。

スリル満点の飛行機への持ち込み

飛行機への持ち込みは2種類あります。
1つは機内に預ける方法。もう1つは機内に持ち込む方法です。

修学旅行で飛行機に乗る時、
生徒たちは一度、空港内のロビーに集められます。
そこで旅行会社の添乗員の方がチェックインカウンターで手続きを済ませ
飛行機のチケットを配ります。

空港のロビー

大きな荷物は、前もって宿泊先に郵送してある場合もあります。

大きな荷物は基本的に機内の貨物室に預けます。
この時に、大きな荷物に携帯電話を入れておくと絶対にバレません。
絶対に電源を切って、洋服などで巻くようにしておいてください。

大きな荷物は、空港のスタッフがX線検査にかけますが問題ありません。
ただし、精密機械は入れてはいけないことになっています。
というのも、壊れてしまっても保証できないということです。

ですので、洋服などでくるんでおく必要があります。

手荷物として機内に持ち込む方法

搭乗前に、身体検査、手荷物の検査を受ける必要があります。
ベルトコンベアーの様な装置にかばんを置いて
ベルトコンベアーが動き出し、X線の装置で調べられます。

身体検査は、金属類のものを全て外し、トンネルをくぐります。
この時、ベルトなどをしているとアラームが作動して
スタッフの人からやり直すように言われます。

一般の人の場合、かばんをベルトコンベアーに置き、
携帯電話やベルト、財布などを専用のカゴにおいて

自分はトンネルをくぐり、見事パスするとその先で荷物を受け取ります。

この時に、荷物を受け取る所に先生が立っているわけです。
財布の下に、携帯電話を重ねておいてもスタッフの人に
バラバラに見やすく置き直されるので無理でしょう。

空港の荷物置き場

もっとも確実なのは、携帯電話の電源を切ってかばんに入れておくのが確実です。
外からは携帯電話は見えませんし、X線検査でスタッフの人には携帯電話はバレますが
先生たちは確認することはできません。

パソコンの画面にX線の写真がでますが、携帯電話だと先生が判断するのは難しいでしょう。

絶対にしてはいけないこと

携帯電話を何かでグルグル巻きにしたり、金属系のモノを巻いたりすると
かばんの中身を出すように言われバレてしまいます。出すのを拒み続けると
別室に連れて行かれます。

一般の人も携帯電話を持ち歩いているので、普通にしておけばなんの問題もありません。

持ち込めた後も油断していると先生に見つかってしまいます。
自由行動をしている時に先生に見つかってしまったり
携帯電話を鳴らしてしまったり。

絶対にバレないように気をつけましょう。

修学旅行で所持品検査ができない理由はこちらに詳しく記載してあります。

修学旅行で危険なiphoneの設定とおススメの隠し場所はこちらに詳しく記載してあります。

スポンサーリンク
【無料公開中!バストアップ法】
【無料公開中!バストアップ法】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
人の役に立つ、そして広める。ー La beele ー

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

ドモホリンクル