少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

プロポーズされたいなら、やっておくといい3つのこと

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

スポンサーリンク
愛しあう2人

プロポーズされたいなら、やっておくといい3つのこと

スポンサーリンク

男女の結婚に対する考え方

女性は結婚に対して「幸せ」をイメージする人が多いと思います。
しかし男性はそうではありません。

男性は結婚に対して「幸せ」ということよりも「責任、義務」と言うプレッシャーのほうが
大きいと言われています。

結婚適齢期といえば、20代後半から30代半ばといわれていますが
男性はその頃、社会的にも忙しい時期で
仕事とプライベートに追われている時期でもあります。

wedding-443600_1280

そんな時に結婚を考えている余裕はあるのかと言われると、
余裕があると答える人は少ないはずです。

そんな男性からプロポーズされたいならやっておくといいことが3つあります。

1.責任と義務を一緒に背負う。

先ほど男性は結婚に対して「幸せ」ということよりも「責任、義務」と言うプレッシャーのほうが
大きいと述べましたが、結婚する時の一番のプレッシャーとして
この責任と義務があります。
その問題が解決すれば男性もプロポーズに踏み切れるということです。

責任と義務と言うのは、一人の人を養うという責任と家庭を持つという責任があります。
このプレッシャーを一人で背負わなくてもいいんだよという思いが伝われば
男性もきっとプレッシャーから開放されるでしょう。

2.お金の不安を取り除く

結婚し、子どもが出来るとたくさんのお金が必要になります。
しかし、今の社会は不景気と言われており、将来が見えないと思う人もたくさんいます。
将来見えないと思ってしまう原因は、経済力にあります。

家族を養うだけの経済力があるのだろうか、、、

などと考えてしまっている男性は、絶対にプロポーズしません。
そんなお金の不安を取り除いてあげることで
男性は安心するのです。

ただし、本当に経済力がなく、仕事をコロコロ変えてしまう人との
結婚生活は、ヒモ男になる可能性が高いので避けることが重要です。

3.自分がいるメリットといないときのデメリットを体験させる

人間というのは、普段一緒にいるとなれてしまい
感謝しなくなってしまう傾向があります。

スマートフォンが出た当初は、みんなが感動したと思います。
すごく便利になり、デジカメがなくても写真が綺麗に撮れます。

しかし、今はあって当たり前です。

別に感謝する人なんていないと思います。

ですが、スマートフォンが無くなったら不便で仕方ありません。

同棲している人や半同棲状態の人は、しばらく距離をおいてみると
お互い見えないモノが見えてくるでしょう。

「感謝」の反対は「あたりまえ」です。

当たり前の状況からチョット離れてみることで相手が気がつくはずです。

これは、別れるという意味ではなく環境を変えるということです。
しばらく実家に帰ってみたり、友人の家に泊まってみたり
旅行に行ってみたりすることで、離れる環境ができます。

スポンサーリンク
【無料公開中!バストアップ法】
【無料公開中!バストアップ法】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
人の役に立つ、そして広める。ー La beele ー

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

ドモホリンクル