少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

リターンライダーの講習会は時代遅れ!講習会に行っても上達しない理由。

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

スポンサーリンク
壊れやすいバイク

リターンライダーの講習会は時代遅れ!講習会に行っても上達しない理由。

スポンサーリンク

増加するリターンライダー。

リターンライダーと言うのは、1980年代にバイクブームの時にバイクに乗っていた人たちが、結婚や子育てと同時に、一度バイクから離れてしまった人たちが、

子育てが終わった40代〜50代になって、再びバイクに乗るようになった人たちのことを指します。

この1980年代は昼夜を問わず、走り屋と呼ばれる人たちが、工業地帯や峠を攻めまくっていたそうです。

1970年代から1980年代のバイクには、伝説となったバイクも数多く、
カワサキのZ1、Z2、ホンダのCB750シリーズ、スズキのGSシリーズなどの、
ネイキッドタイプのバイクから、レーサーレプリカ使用のバイクまでたくさんのバイクが有名になりました。

その人気は今でも衰えておらず、価格は当時の3倍で販売されているバイクもあります。

リターンライダーの問題点。

2014年頃から、リターンライダーが増え続けているそうで、バイクブームが始まったとされる1980年代中頃にいち早くバイクに乗っていた人たちが、バイクに舞い戻ってきていると言われています。

また、当時、バイクに憧れを抱いていたけれど、経済的に乗れなかった人達が、バイクの免許を取得して乗り始める人も多いそうです。

今後もリターンライダーは増え続けると予想されています。

そのリターンライダーですが、近年では問題視されている点があります。

リターンライダーの事故が多い。

交通事故

ある程度収入が上がり、生活も落ち着いて、余裕が出たのを機会に、リターンライダーとなり、週末や休日を使って仲間やバイクグループでツーリングに行く人が増えてきました。

2014年頃から増えているリターンライダーですが、そのリターンライダーの交通事故が増えており、命を落とすことになってしまった、最悪のケースになった人もいます。

その理由は2つあるとされています。

若いころとのギャップ。

かつて若い時は、コーナを曲がる時に、かっこ良くヒザを擦りながら、リアタイヤが流れても修正するほどのスキルや体力があったのですが、長いブランクがあり、年齢も40代〜50代になっているので、当時とはギャップがあります。

そのギャップに気が付かないまま、ワインディング・ロードや峠を走ることで、
バイクが制御不能になって、オーバーランしたり、スピードが出過ぎてしまったりして、転倒や事故に繋がると言われています。

リターンライダーが購入するバイクも、1980年代に乗っていた400ccや750ccのバイクではなく、最新式のリッターバイクと呼ばれている1000ccのバイクを購入するリターンライダーが多いそうです。

バイクの新車購入の平均年齢は52歳と言われていて、特に大型バイクが多いようです。

公道に適応された市販のバイクと言っても、バイクのスペックは、1980年代の世界選手権並みのバイクであることは間違いなく、レーサーが乗っているようなモンスターマシンに40代〜50代の人が乗ると考えれば、安易にスロットルを回してみたり、バイクを倒してコーナーを走り抜けるという行為がどれほど危険なことかはわかると思います。

当時の免許制度の問題。

古いバイク

1980年代のバイクの免許制度は、現在とは大きく違い、普通自動二輪免許や大型自動二輪免許という区切りがなく、限定解除という仕組みになっていました。

バイク免許が導入された当時は、ヘルメットも必要なかったし、バイクの免許があれば、どんなバイクにも乗ることが出来た時代もあったのです。

当時のバイク免許の試験は、今ほど厳しくなくて、非常に緩かったのですが、事故の増加や安全性を考えた結果、今の試験制度が確立されています。

当時の試験制度で、バイクの免許を習得したリターンライダーの中には、
バイクにの安全に乗ることが出来ないが、免許を持っているので、バイクに乗っている未熟なリターンライダーや、当時ほどの技量、体力が無いことを理解しているので、乗れないリターンライダーもいるそうです。

そうしたリターンライダーでもバイクを安全に楽しんで欲しいということから、
近年では、ペーパーライダー・リターンライダーを対象にした講習会が開かれています。

ペーパーライダー・リターンライダー講習会の問題点。

長い間のブランクを埋めたり、ペーパーライダーを育成するために、
教習所では、リターンライダーを対象にした講習会が開かれています。

しかし、実際に行った方はリターンライダーの講習会に問題点があることを指摘しています。

ペーパーライダー・リターンライダー講習会の内容と費用。

講習会は、数人を対象にして行われる場合と、個人で行われる場合があります。

実際に市街地コースを走ったり、注意点を聞きながら乗るのですが、
コーナーの曲がり方に不安があった際に、習得するまで何度も繰り返したり出来るわけではありません。

注意点を聞きながら走るといった感じだそうです。

そして、2時間〜3時間ツーリングをして走りながら、覚えていくので、
忘れてしまったり、わからないことが合っても、そのままになってしまうそうです。

講習会の相場は、1回2時間ほどで、2万円〜3万円になっています。

内容が良くなくても、費用がかかるので、講習会に行くのには勇気が入ります。

そして、再度講習会に参加する場合もお金がかかるので、安全に乗り始める前に費用が必要になります。

講習会が開かれる場所に限りがある。

biker-407123_1280

講習会が開かれる場所は、都会であることが多かったり、ツーリングコースで行われることが多いです。

また、人数を集めて講習会をしたほうが費用対効果があるので、
人数が少なかったら中止になることもあります。

ですので、時間が空いた時に練習したり、教えてもらったりすることができません。

リターンライダーのための最新の講習会。

大型バイクに乗るには、体力や力が必要だと言われていますが、
実際にはそんなことはありません。

力がない女性でも、白バイ隊委員になっている人もいますし、
バイクで早く走るためには、軽いほうが有利だとされています。

GPレーサの体重は50キロ台が多いです。

一番大切なのは、体の使い方です。

一番大切な体の使い方は、教習所や講習会では教えてくれません。
なぜならば、教習所や講習会では、安全に走ることを前提とした法規走行をメインとして教えているからです。

メディアにも取り上げられたライディング上達法

現在の脳科学では、体の使い方を覚えるためには、3つステップが必要だと言われています。

まず、頭で理解して、イメージする。
次に、体を使って、真似してみる。
最後に、実際にやってみるという3つのステップが大事です。

この3つのステップを行うには、動画を見て何度も繰り返し学ぶことが大切です。

そして、唯一リターンライダーのために作られた教本がこちらです。

リターンライダー必見!ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法(DVD2枚組)全額返金保証付き

こちらは、全額返金保証が付いているので、効果がなかった場合、お金が帰ってきます。

また、講習会に比べると、価格が安く、ツーリングでの講習会もあるので、
高いお金を払って行く講習会よりも断然良いです。

全額返金保証が付いている。
ツーリングでの講習会がある。
価格が安い。
DVDなので繰り返し見れる。
疑問点は直接聞くことが出来る。

これだけメリットがあります。

ライディングに不安があったり、人よりも上手に走りたいといった向上心がある方は、一度内容を見てみてください。

スポンサーリンク
【無料公開中!バストアップ法】
【無料公開中!バストアップ法】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
人の役に立つ、そして広める。ー La beele ー

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

ドモホリンクル