少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

プロポーズの前に指輪のサイズを測る方法

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

スポンサーリンク
指輪交換をする新郎新婦

プロポーズの前に指輪のサイズを測る方法

お付き合いしている彼女との結婚を意識したとき、まず考えるのがプロポーズですよね。
どんなシチュエーションで、どんなタイミングで、どんな言葉で…あれこれ想像が尽きません。

最近は欧米スタイルで、片膝をつき、指輪のケースを開けて差し出す

”Will you marry me?”

スタイルでプロポーズをするカップルも多いようですね。
どんなプロポーズをするにしても、重要なアイテムは『指輪』です。

スポンサーリンク

指輪のサイズは重要

せっかくのプロポーズの舞台、指輪のサイズも完璧にしたいですよね。ここでは彼女の指輪のサイズを知る方法をいくつか紹介します。

本人に聞く

もうそれだけでプロポーズしているようなものですが、
バレないように、こそこそ…が苦手なタイプの人は、直接聞いてしまうのが楽かもしれません。

ただし、彼女が自分の指輪のサイズを正確に知っていることが前提です。
また、聞いてしまった場合は、少なからず何かしらの期待を与えてしまうので、
裏切るような結果にならないようにしましょう。

友人に聞く

彼女の友人に協力を頼んで、友人から聞いてもらう方法です。
彼女の友人と直接連絡が取れる間柄であること、そしてこちらも、彼女が自分の指輪のサイズを知っていることが前提です。

友人が持っている指輪をつけてもらったりして、サイズを探してもらうのも良いかもしれません。

糸や紙で測る

糸も紙も、直接指に巻き付けて指の周りの長さを測る方法です。
糸の場合は、指に一周巻き付け、結び目を付けてそっと抜きます。

紙の場合も、指に一周巻き付け、端が重なったところにペンで印を付けます。

どちらも身近にあるもので計測できるのでお手軽ですが、力の入れ加減によって長さが変わってしまうので、
「正確に」サイズを測りたいという点ではあまりおススメできません。

そして、彼女がグッスリ眠っているタイミングを狙うしかありません。

持っている指輪に合わせる

結婚した2人

アクセサリー好きな彼女なら、プロポーズ以前に指輪をプレゼントしたことがあるかもしれません。
もし、彼女が左手の薬指に指輪を付けているのなら、そのサイズに合わせれば問題なしです。

お付き合いしている間に指輪をプレゼントする際には、プロポーズに備えて必ずサイズを覚えておきましょう。

ただし、彼女が左手の薬指以外に指輪を付けているなら、この方法は使えません。

さりげなくアクセサリーショップで測ってもらう

高価な指輪を扱っているお店でなく、アクセサリーショップでも「リングサイズゲージ」を使って、
正確なサイズを測ってもらうことができます。

普段のデートコースに、安価なアクセサリーショップを組み込んで、
何気なく測ってもらうように話を持っていくのもいい案です。

サイズゲージを使って測れば、正確なサイズを知ることができます。
この方法は、事前に立ち寄るお店に目星をつけておくなど、下調べが必要です。

実際に一緒に見る

プロポーズを考えるということは、彼女にもそれなりの心づもりがあるはずです。
いっそのこと、一緒にお店に行き、試着して二人で選ぶというのも一つの手です。

一緒に選ぶと、彼女の好みのデザインを指輪を贈ることもできます。もちろん、サイズもピッタリです。

サプライズでプロポーズを考えている人以外にとっては、一番確実に、彼女にピッタリの指輪が選べるはずです。
また、どうしてもサプライズで、と考えている人は、いつ渡すか、どこで渡すか、どうやって渡すか…という点に絞ってサプライズを考えてみてはどうでしょうか。

最近では、昔のように「お給料の三か月分」の婚約指輪を買ってプロポーズする、という人ばかりではないようです。
婚約指輪と結婚指輪がセットになったものを購入する人や、指輪ではなく、他のものを贈る人も多いようです。

どんな形であれ、人生で最も幸せな瞬間のひとつであるプロポーズ。二人にとって最高の思い出になるように、入念な準備を!

スポンサーリンク
【無料公開中!バストアップ法】
【無料公開中!バストアップ法】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
人の役に立つ、そして広める。ー La beele ー

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

ドモホリンクル