少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

リターンライダーの事故が多い原因と上達方法

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

スポンサーリンク

リターンライダーの事故が多い原因と上達方法

スポンサーリンク

リターンライダーの事故が増えている。

最近、リターンライダーの事故が増えていると言う話を耳にする事があります。

若い人の車離れや、バイク離れが進んでいると言われていますが、
その反面、バイク乗りの年齢層が上がってきていると言われています。

若い人たちのバイク離れ(車もそうですが)も顕著である証拠でもあります。
また、バイクの新車購入の平均年齢が、52歳というのも若者のバイク離れの証拠です。

リターンライダーが増えている要因としては、
元バイク乗りの人達が、バイクを所有・維持する為に生じる様々な問題が、
クリア出来る年齢になってきた事が挙げられます。

若い頃、バイクを楽しんでいた方々が、
その楽しみから、離れることになった理由の一つとして、結婚や子育てのような経済的な負担があると思います。

しかし、その問題がなくなり、経済的に余裕ができるようになった場合、
再びあの頃の思いが湧き上がってくるのは必然の事だと思います。

リターンライダーは大型バイクが好き

再度バイクを購入しようとする場合、
多くの方が以前乗っていたバイクよりも高級(高性能でもあります)な車種を選択しています。

リターンライダーは、ほとんどの方が大型バイクを所有されているそうです。

もちろん、どの様な車種に乗ろうがそれは個人の自由であり、
経済的に許せる最高のものを手に入れ様とする欲望は、誰にも抑えられないものです。

今現在、リターンライダーとしてバイクを楽しんでおられる方々が、
以前に楽しんでおられた時代と言うのは、まだまだ操縦安定性やエンジン特性に問題がある車種も多く、
それらがその車種独特の乗り味と捉えられていましたが、乗りにくい事には変わりありません。

曲がらない、走らない、止まらない。と言われていたバイクもありました。

そんなバイクを乗ってこられた方々にとっては、
久しぶりに乗った現代の最新車種の乗り易さに驚いている方も多いのではないでしょうか。

しかしそこにこそ落とし穴があり、余りの乗り易さに一時離れていたバイクとの距離が一気に近づいた気になり、
運転歴にブランクがある事を忘れがちになっている方も多いと思います。

また、いかに乗りよくても、以前に乗っていたものよりも明らかに高性能なバイクなので、
その気になって飛ばしていると、当然以前よりも大きく体力的な負担がかかったり、
より大きなしっぺ返しを食らう事になります。

それらは、様々な面で衰えた肉体では対応したり回避の出来ないレベルのものであり、
結果、大事故という事になります。

また、運転歴にブランクがある場合によく言われるのは、
不安定な乗り物であるバイクの不安定さ加減に対しての不安が多く挙げられます。

ペーパーライダー・リターンライダーの講習会

リターンライダーやペーパーライダーのような、ブランクがある方を対象とした
バイクの講習会が、教習所などで開かれていますが、価格が高いため人気があまりないそうです。

ブランクがある場合、車と違って、バイクは二つの車輪でしか地面と接していないのですから、
安定性に対しての多少の慣れは必要になります。

しかし、ブランクによって一番影響が出る部分はそこではなく、
ブレーキ操作である事を理解している人は余り多くないのではないでしょうか。

ブレーキなんて常に操作している部分なので、
すぐに慣れるのではと思っている方も多いと思いますが、

バイクのブレーキはただ単にブレーキレバーを握ればよいと言うものではなく、
ブレーキをかける車輪に荷重をかけるという操作も必要になってきます。

余談ですが、荷重をかける事をせずにいきなりフロントブレーキのレバーを思いっきり握り、
前輪をロックさせて転倒する状態がいわゆる「握りゴケ」です。

本当ならば教習所の時点で、バイク操作の基本である荷重移動をしっかり教えるべきなのですが、
そのあたりは残念ながら自分で体で覚えろ的な部分となっています。

以前の乗っていた時期にそのあたりをきちんとマスター出来ていた人は、
乗っているうちに体が思い出すかもしれませんが、

マスターしていなくてもたまたま大きな問題にならなかった(大きな事故にあわなかった)人が、
再び乗り始めて遂に大問題(事故)にあってしまったと言う事も多いと思います。

車の運転に慣れてしまったが為、
操縦感覚の違いからくる操作ミスの誘発と言う事も、事故遠因としては考えられる事です。

実は車の運転でも荷重移動と言う事が起きますが、
それを意識して運転している人は一般のドライバーでは皆無に等しく、

また、意識しなくても運転出来てしまうのも車の特性ですので、
そういった要素がある事を忘れてしまうのも仕方ない事です。

ライダー自身が意識的に荷重を変化させていく必要性を忘れ、
車の様に乗せられるがままに操縦している人、こちらも結構多いと思います。

最後にそうならない為の対処法をいくつか挙げておきます。

リターンライダーとして復活するための上達法

まずは、自分の腕を過信せずに自分の年齢を理解する事が重要だと言えます。

早い話が身の程を知れと言う事になりますが、年寄りがええ歳してなどど言う気は全くありません。
ただ、余りにも在り来たりながらも、それが最大にして唯一の対処法ではないかと考えています。

そう言った衰えた部分だけでなく、積極的に自分の腕を磨くと言うのも非常に良い手段だと思います。

出来ればサーキットを使ったライディングレッスンなどに参加するのが一番効果的ですが、
教習所などを使ったジムカーナ的なものでも効果的だと思います。

自分はモータースポーツをするつもりはないので、そこまでの事は必要ないと言われるかも知れませんが、
一般道を走行中でも、一瞬でタイヤの限界を使う事態に陥る事はありがちな事です。

その時にどの様に対処すればよいかと言う事を学ぶには、モータースポーツが最適なのです。

何故ならば、モータースポーツで使われているテクニックと言うのは基本中の基本的なものが多く、
それらを高い次元で確実に行っているからこそ速く走る事が出来る訳であり、
安全に走れるからこそ完走出来て結果が得られるのです。

(クラッシュばかりする人間に誰もお金を出してくれませんからね)

しかしながら、講習会は1回あたり3万円ほど費用が掛かります。
詳しい体験記はこちらをご覧ください。

リターンライダーの講習会は時代遅れ!講習会に行っても上達しない理由。

ですので、DVDで勉強する方が一番多いです。

リターンライダー必見!一目置かれるライディングテクニック習得法(DVD2枚組)先着10名限定返金保証付き

長い時間を経て再び巡り合った楽しい時間。

それを楽しいままで終えるのか悲しい結末を迎えるのかは、あなたの心掛け次第です。

また、あなたの行い次第ではライダー全体のイメージを貶める事にもなりかねません。
この記事が、素晴らしいバイク乗り人生を送る送る為の一助になれば幸いです。

スポンサーリンク
【無料公開中!バストアップ法】
【無料公開中!バストアップ法】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
人の役に立つ、そして広める。ー La beele ー

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

ドモホリンクル