少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

意外と安い!マイコプラズマの最短10分の検査の方法と費用

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

スポンサーリンク

意外と安い!マイコプラズマの最短10分の検査の方法と費用

スポンサーリンク

マイコプラズマの検査の方法と費用

マイコプラズマ肺炎とは、マイコプラズマという病原性微生物が感染して起こります。
子どもがよくこのマイコプラズマ肺炎にかかります。

マイコプラズマは体内に入ると、主に気道粘膜で増殖します。
そうすると、気管や気管支などが炎症を起こします。
現れる症状としては、風邪の症状によく似ていると言われています。

実際に私も子どもがマイコプラズマ肺炎にかかった時は、初めは風邪だと思って病院に連れていきました。
しかし、悪化すると髄膜炎やギランバレー症候群などになってしまいます。
そうならないために、早期発見をしたいですよね。
そのために、マイコプラズマ肺炎かも感じたらどのような検査をしたらいいのか紹介していきます。

【マイコプラズマ肺炎の検査を受けるまで】

マイコプラズマは、先ほども述べたように風邪の症状とよく似ています。
そして、普通の肺炎とは違い、聴診器で胸の音を聞いても雑音がないので、風邪と間違えられてしまうことが多いです。
しかし、風邪と違うところは咳の症状が長い間続くということです。
そうなると、検査を勧められることが多くなります。

【マイコプラズマ肺炎の検査方法】

従来は、肺炎の検査と同じくマイコプラズマ肺炎の検査もはレントゲンによって行われてきました。
しかし、レントゲン検査では本当にマイコプラズマの病原体によって症状がでているのかという判断が難しかったのです。
そこで、近年取られている検査方法は2つあります。
それは「血液検査」と「マイコプラズマの病原体を用いた検査」です。

【マイコプラズマを判断する血液検査】

マイコプラズマにかかると、菌を体の外に出そうとして体内で「マイコプラズマ抗体」が作られます。
この抗体の推移を調べることでマイコプラズマ肺炎かどうかの判断をすることができます。
症状がでている時とそこから2週間経って回復し始めている時の2回、採血を行います。
その検査からマイコプラズマ抗体が1回目と2回目で4倍以上の上昇が見られれば、マイコプラズマ肺炎だと診断が下されます。
ただ、症状が進んでしまってから検査されることがほとんどなので、多くの場合は一回の血液検査で終わってしまいます。

【マイコプラズマの病原体を用いた検査】

doctor-563428_1280

①LAMP法
LAMP法は、より正確な検査とされています。
検査方法は採血ではなく、綿棒で喉の壁から検体を採って検査をします。
この検査では、マイコプラズマ菌独特のDNAを直接調べる遺伝子検査です。
LAMP法は、マイコプラズマ肺炎を発症して3日程度の初期から検査することが可能です。
検査結果は正確ですが、結果が出るまでに2,3日かかります。

②迅速検査
これはインフルエンザの検査とよく似ています。
LAMP法と同じように綿棒で喉の壁から検体を採って検査をします。
迅速検査の結果は10分程度で出るので、検査を何日も待たなくていいのがメリットです。

【マイコプラズマ肺炎の検査費用】

検査の方法はここまでで述べたようなものがあります。
では、どのくらいの検査費用がかかるのかを紹介していきます。

X線の検査の場合は2000円程度でできます。
また、血液検査やマイコプラズマの病原体を用いた検査については、詳しい費用は出ていませんが、保険が聞いて5000円程度でできるものや保険適用外のものがあります。
検査前に、医師に確認をするといいでしょう。

マイコプラズマ肺炎を疑う場合は、早めに医師に診てもらい、検査方法を相談して早めの対応を心がけることが大切です。
重症化してしまわないように、早期発見・早期治療が行えるようにしましょう。
また、マイコプラズマ肺炎にならないためにも、手洗いうがいを習慣化することも予防としていいと思います。

スポンサーリンク
【無料公開中!バストアップ法】
【無料公開中!バストアップ法】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
人の役に立つ、そして広める。ー La beele ー

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

ドモホリンクル