少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

ウイルス性胃腸炎がうつる期間はどのくらい?

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

スポンサーリンク
病院の診察

ウイルス性胃腸炎がうつる期間はどのくらい?

冬になると流行るのが胃腸炎です。ノロウイルスやロタウイルスと聞いた事があると思います。これらの感染症もウイルス性胃腸炎の一種になります。ウイルス性胃腸炎の恐ろしい所はその感染力です。

しっかり感染対策をしておかないと一緒に生活する家族にもうつってしまうリスクは大いにあります。

スポンサーリンク

ウイルス性胃腸炎の症状

胃腸炎を引き起こすウイルスを生活範囲内のどこからか手や体に付着しそのウイルスを摂取する事で感染します。症状としては嘔吐、下痢、発熱があります。この悪さをするウイルスが体から出てしまわないと症状は落ち着きません。

嘔吐、下痢があってもしっかりと出してしまう事が重要になります。嘔吐に関してはかなり体力を要します。体から出ればいいので下痢として出してしまう方が賢明と考え、病院によっては制吐剤が処方されます。

自己判断で市販の吐き気止めを飲むのではなくしっかり受診してDrの指示に従いましょう。下痢は水様便になります。ほぼ水の様な便がお尻から出ます。少しの腹圧でも漏れてしまう場合があります。

その排便は感染源になるので、小さな子どもの場合はオムツを履かせ、漏れた場合はビニル袋を二重にして破棄する様にしましょう。嘔吐、下痢があると体の水分はかなり消失してしまいます。

そこで水分補給としてお茶等を飲むとそれが更に刺激になって吐いてしまう場合もあります。ポカリ等を少しずつ飲む様にしましょう。一種の炎症反応ですので発熱もあります。体力もかなり消耗しますので家族の看病が必須になります。

除菌シートでは効かない

この疾患の原因はウイルスです。ウイルスと菌を混合している人も多くいますが、そもそもの生態系が違います。除菌シートは菌を取り除く為の物です。ウイルスには効果はありません。

同じくアルコールも菌を取り除く為の物ですので、一生懸命嘔吐物のあった所にアルコールを噴霧してもウイルスは全く死滅する事なくそこに居続けます。除菌シート、アルコール殺菌でウイルスを殺せたと思っているのは大きな間違いです。

ウイルスを殺す事が出来る物の中で一般に購入出来るのは塩素系の漂白剤になります。通常販売されているのは5%の塩素濃度になります。この漂白剤を薄めて使用する事でウイルスを取り除く事が出来ます。

しかし、どんなに薄めても塩素は塩素です。これで手洗いをすると皮膚に薬品トラブルを起こしてしまうのでしてはいけません。嘔吐物、糞便の処理をする場合には手袋を着用して処理動作を行って下さい。手袋をしていても処理後は必ず入念に手洗いをして下さい。家族のケアを行っている人が感染するリスクがかなり高くなります。自己防衛も必要になりますので気を付けて下さい。

ウイルスがうつる期間はどれくらい?

完全に症状が無くなっても2~3週間程度は便からウイルスは排出されます。共有のトイレを使用したり、子どものオムツを交換した後には石鹸で入念に手洗いをしましょう。

又、可能であれば塩素系漂白剤を薄めた薬品を浸したペーパーでトイレの汚染を拭きとる様にしましょう。その場合にはきちんと換気を行い空気の入れ替えも忘れず行いましょう。又、素材によっては薬品で品質の変化を来す場合があるので材質を確認しながら使用しましょう。

家族の一人が感染すると伝播的に同居の家族にもうつってしまう恐ろしいウイルスです。発症してしまう事は仕方ありませんが、家族皆が共倒れにならない様にしっかり感染対策を行う様にしましょう。

スポンサーリンク
【無料公開中!バストアップ法】
【無料公開中!バストアップ法】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
人の役に立つ、そして広める。ー La beele ー

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

ドモホリンクル