少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

スマホのバッテリーの平均寿命はたった2年!寿命を延ばし劣化を防ぐための4つの方法

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

スポンサーリンク
電話がかかってくる

スマホのバッテリーの平均寿命はたった2年

スマホのバッテリーは使用している機種やバッテリーの種類によって異なりますが、一般的に平均2年前後が寿命の目安です。本体の平均寿命が4~5年であることを考えると最低でも1~2回は買い換える必要があります。しかし、上手な使い方をすることでこの寿命は伸ばせるのです。そこで今回は劣化を防ぐおすすめの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

明るさの調整や不要な通知設定を解除する

バッテリーの劣化を防ぐには充電の回数を減らすことも大切なポイントです。そのために必要となるのがバッテリーの消費を抑えるための設定になります。通常電気は明るく照らすために電力を必要として明るさが大きくなればそれに比例して消費電力も大きくなるのです。

スマホも同様に画面の明るさが大きければそれだけバッテリー内の電気を大きく消費してしまうため、明るさを最小限にすることで電気の節約ができます。それと同時に使用後に画面がオフに切り替わるまでの時間も短くすることも重要です。GPSなどの位置情報サービスやWi-Fiといった通信手段も設定をオンにしていると常に電池を消費している状態になるので、必要な時意外は設定をオフにしておくと電池の消耗が緩やかになります。

使わないアプリは削除する

スマホを使っている人の中にはインストールしたけど使ってないアプリがたくさんといった人も少なくありません。アプリによっては使用していなくても定期的に自動で情報を更新している物もあるので、気が付かないうちに電池を消耗しているケースも多いのです。そのため、バッテリーの劣化を防ぐためには利用しないアプリは削除して整理することも欠かせません。

充電中のスマホの使用や高温の場所での放置は避ける

携帯電話のバッテリーにはリチウムイオン電池が使用されています。この電池は熱に弱く高熱の状態が続くと急激に劣化していくという特徴があるため、バッテリーを熱くしないことが重要です。充電している状態でスマホを使用してしまうと充電だけでなく使用による負荷が掛かってしまうので高温の状態になります。

これはバッテリーの劣化を早めるだけでなく、スマホ本体も熱による不具合を起こすことも考えられるため充電中の使用は避けるべきです。これと同様に夏の暑い時期に車内に放置することも劣化を早めることになります。リチウムイオン電池は45°C前後が耐熱の許容範囲なので直射日光に当てたり暑い場所に放置してはいけません。また、充電中でなくても卓上ホルダーのような場所に置いたまま使用をすると熱が内部にこもりやすいため注意が必要です。

満充電の状態や空状態で放置をしない

利用者の中には、充電していることを忘れてうっかり寝てしまったり長時間外出をしてしまうといった人も少なくありません。しかし、満タンの状態で充電器に繋げたままにしてしまうと、充電と放電の繰り返しで劣化してしまいます。充電の途中でどうしても長時間その場を離れなくてはいけない場合は、満充電になっていなくても充電器から外す方法がおすすめです。

同様にバッテリーが0の状態で放置することも放電状態を繰り返し劣化を早めることになるので、バッテリーの残量には気をつける必要があります。

リチウム電池は継ぎ足し充電の耐性など優れた機能を持っていますが、高性能な分値段が高いのが悩みです。無駄な電池の消耗を減らして劣化を防げば、平均寿命の2年より長く使えることでお金の節約にも繋がります。

スポンサーリンク
【無料公開中!バストアップ法】
【無料公開中!バストアップ法】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
人の役に立つ、そして広める。ー La beele ー

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

ドモホリンクル