少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

点鼻薬の副作用が怖い!市販で安全なのはどの種類?血管収縮剤に注意!

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

スポンサーリンク

点鼻薬の副作用が怖い!血管収縮剤に注意!市販で安全なのはどの種類?

スポンサーリンク

点鼻薬の副作用が怖い

アレルギー性鼻炎、花粉症の人には辛い鼻水、鼻詰まり。そんな時に助けになるのが点鼻薬ですよね。でもこの点鼻薬、きちんと使わないと症状の悪化、副作用を招いてしまいます。中でも気を付けたいのが、血管を収縮させる成分の入った点鼻薬です。今回は主に血管収縮剤にスポットをあてていきます。

市販点鼻薬の種類

点鼻薬は大きく分けて3種類に分けられます。抗ヒスタミン成分の入っているもの、ステロイドが含有されているもの、そして血管収縮作用のある点鼻薬です。
<どうやって効くの?>
まずはそれぞれの点鼻薬の効き方についてみていきましょう。まず、抗ヒスタミン薬です。抗ヒスタミンといえば、言わずと知れたアレルギーのお薬ですよね。ヒスタミンは血管透過性の亢進などから鼻水などのアレルギー症状を引き起こすと言われています。

この薬は、そのヒスタミンをブロックするため鼻水、くしゃみなどの症状を軽減する効果があらわれます。ちなみにこの薬は繰り返し使っても効果が弱まることはないと言われています。次に、ステロイド薬です。ステロイドは炎症を抑える効果が強く、鼻腔内での過剰な免疫反応を抑えることで粘膜を正常に保ち、症状の抑制につながります。

ステロイドと聞くと副作用が恐いイメージがある方もいるかもしれませんが、点鼻薬の場合、用法を守って使用していれば全身にステロイドが回ることは少ないので、心配される副作用も少ないと言われています。最後に血管収縮剤の入った点鼻薬です。

鼻の中には数多くの血管が走っていて、ここに流れる血液量で鼻の空気の流れが調節されています。この血液が留まって粘膜が腫れてしまうと起こるのが鼻詰まりです。そこで血管を収縮させて血液の留まりを解消し、粘膜の腫れ・鼻詰まりを改善するのが血管収縮剤の作用です。上記した2つの点鼻薬に比べ、鼻詰まりに対する効果が早いという特徴があります。

怖い副作用って何?

それでは、血管収縮剤の何がリスクとなるのでしょうか?それは長期に渡り使用し続けたときに起こる可能性があります。それは、使い続けることにより効かなくなっていくだけではなく鼻炎症状が悪化する薬剤性鼻炎が起こる危険性です。

血管を収縮する作用のある薬ですが長期間使用すると、効き目がなくなり、逆に血管が拡張してしまうことがあります。血管が広がると鼻の粘膜が腫れますから、鼻詰まりが悪化してしまうということになります。効かないからといって何度も点鼻すると、さらに効果が出なくなり症状が悪化するという悪循環に陥ります。

どうすればいいの?

そもそも血管収縮作用のある点鼻薬は極端にひどい鼻詰まりの時のみ使用することが推奨されています。薬の説明書にもきちんと長期間使用しないように記載がなされています。血管収縮剤はすぐに鼻詰まりが解消し爽快になるため、鼻詰まりのたびに使いたい気持ちになるでしょうが、その気持ちをグっとこらえ、使うときは本当につらい時だけにしましょう。

用法用量、使い方をしっかりと守ることが副作用を起こさないために重要です。ちなみに1日1~2回を限度に1~2週間が目安となるようです。

まとめ

主に血管収縮薬について述べてきましたが、薬にはそれぞれ特徴がありメリット、デメリットがあります。血管収縮薬も上手く使用すれば鼻炎の症状緩和に役立ちます。まずは医師、薬剤師に相談し自分に合った薬、治療を選びましょう。また薬の説明書をしっかりと読み、正しく使用することも副作用を引き起こさないために大切です。薬の効果だけでなく怖さも認識して、上手に薬と付き合っていきましょう

スポンサーリンク
【無料公開中!バストアップ法】
【無料公開中!バストアップ法】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
人の役に立つ、そして広める。ー La beele ー

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

ドモホリンクル