少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

りんご病の大人の症状は子供より重症化しやすい!妊婦さんは要注意

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

スポンサーリンク
孤独な人

りんご病の大人の症状は子供より重症化しやすい!妊婦さんは要注意

スポンサーリンク

りんご病の大人の症状は子供より重症化しやすい!

主に小児の間で流行するりんご病ですが、大人でも感染することを知っていますか?
しかも、大人がりんご病にかかると、子供がかかったときの症状より重くとっても大変です。
大人がかかるとどのような症状がでるのか?また、どんな方が注意すればよいのか?紹介していきます。

りんご病とは

りんご病は主に5〜14歳くらいに多く、頬が赤くなることからりんご病とよばれています。
正式名称は、伝染性紅斑でヒトパルボウィルスB19というウィルスです。
咳やくしゃみに含まれるウィルスを吸い込むことによる飛沫感染により拡散しますが感染力は弱く大流行することはあまりありません。
このウィルスは成人になると50%以上の人が免疫を獲得すると言われています。一度かかると終生免疫が出来るので再度感染しない病気です。

最大の特徴をしては両頬が赤くなりますその後腕やお腹、お尻などにレース状の紅斑が見られます。発疹は7〜10日で収まります。
発疹が見られる前に発熱、咳や鼻水など風邪のような症状が発症します。

潜伏期間は10日〜20日と言われています。感染力が強い時期は風邪のような症状がでている時期で発疹ができている時期はあまり感染力がありません。

その為学校などに行っても問題はなく、入浴もして大丈夫です。ただかゆみがでることもあるので短時間にするようにしてください。

大人が感染した場合

大人が感染した場合重症化することが多いようです。
頬の赤みはあまり出ないことが多いようです。手や腕、太ももに赤い斑点ができることが多いようです

子供のときは、微熱程度ですが大人は高熱がでます。吐き気やめまい、頭痛なども出ることがあります。
むくみを感じ、強い関節痛が起こり関節炎の症状で歩行困難になることもあります。
強い倦怠感も現れ症状も1ヶ月ぐらい続くこともあるのでうつ状態になってしまうこともあるようです。

顔に発疹がでないことから別の病気に間違えられる場合もあるようです。

注意すべき人

妊娠している方は注意が必要です。妊婦がりんご病にかかると胎児にも感染しむくみが出て内臓や体に液体がたまり心不全を起こし流産や死産が起こる可能性があります。
厚生労働省の調査では感染した胎児の7割が流産か死産するという結果があります。妊娠中の方は出来るだけりんご病患者との接触を控えましょう。

また、赤血球が破壊されることで起こる溶血性貧血を持っている方は重い貧血症状が起こることがあります。
そのほか関節炎、関節リウマチ、血小板減少症を引き起こすことがあるので注意が必要です。

りんご病の治療法

りんご病にはワクチンもなく特効薬もありません。
自然回復を待つしかありません。
対処療法としてかゆみを抑える薬や解熱剤などが処方されることがあります。

その為手洗いうがい、免疫力を上げるために生活習慣を整えるなどして予防するしかありません。

妊婦の場合上の子がりんご病に感染したなどで感染した疑いがある場合は必ずかかりつけの産婦人科に相談してください。
りんご病は保険適用が無いので通常確定検査をしませんが、妊娠中は保険が適用になります。
血液を採取し診断します。早めに確定診断をし適切な治療をしてもらうことが大切です。

りんご病は子供の症状とは異なり大人では重症化しやすいようです。そして妊娠中は特に注意が必要になります。
飛沫感染により広まるので予防は難しいですが流行しているときなどは手洗いうがいなどでしっかり予防し十分に気をつけるようにしてください。

スポンサーリンク
【無料公開中!バストアップ法】
【無料公開中!バストアップ法】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
人の役に立つ、そして広める。ー La beele ー

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

ドモホリンクル