少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

ザイザル花粉症薬の飲み方と効果!子供は飲めるの?副作用で眠くなりにくい薬だった!

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

スポンサーリンク

ザイザル花粉症薬の飲み方と効果!子供は飲めるの?副作用で眠くなりにくい薬だった!

スポンサーリンク

ザイザル花粉症薬の飲み方と効果

毎年、春になると多くの人が悩まされるのが花粉症ですね。日本人全体の25%は花粉症患者であるという調査発表(厚生労働省の発表より)もあり、今や国民病とも言えます。
花粉症の辛いこの時期、薬を飲んで乗り切ろうという方も多いことでしょう。

「効いてるのか効いてないのかよく分からないけれど、とりあえず毎年同じ薬を飲んでいる。薬は飲んでるけど眠くてしょうがない。」そんな方々のために、最近、病院でよく処方されている「ザイザル」というお薬についてご紹介していきたいと思います。

ザイザルってどんな薬?

ザイザルという薬は、もともと昔からあったジルテック(成分名:セチリジン塩酸塩)という薬から生み出されました。ジルテックにはD体とL体という2つの鏡像異性体が含まれているのですが、このうちの副作用が少なく効果の高いL体だけを取り出し、薬にしたものがザイザルです。鏡像異性体とは文字からも想像できますが、鏡に映したように形は同じでも、効き目が違います。

不思議ですよね。ちなみにザイザルの成分名はレボセチリジンです。この「レボ」とはL体を意味しています。成人の場合、5mg1錠を1日1回寝る前に飲みます。飲んだ後1時間くらいで効果が現れ始めます。

ザイザルの効果は?

アレルギー性鼻炎(花粉症)だけではなく、蕁麻疹、湿疹、皮膚炎など皮膚科でもよく使われているお薬です。
なぜ、花粉症に効くのでしょうか?花粉症の原因であるスギ花粉などが体の中に侵入するとそれを異物とみなし抗体がつくられます。抗体が増えると肥満細胞という細胞からヒスタミンという物質が放出され、それが鼻水やくしゃみ等の辛い症状の原因となります。ヒスタミンは痒みを引き起こす作用もあり、目や皮膚のかゆみの原因にもなります。この厄介なヒスタミンの働きを抑えてくれるというのが、ザイザルの効果です。

ザイザルは眠くならない?副作用は?

花粉症の薬を飲むとき心配なのが眠くならないかという事です。現在、よく処方される薬の中で眠くなりづらいと言われているのがアレグラ(成分名:フェキソフェナジン)、クラリチン(同:ロラタジン)です。この2つに限り添付文書に車の運転などに関する記載がありません。ザイザルは?というとジルテックよりは大幅に眠気の副作用は改善されているので、眠くなりにくい薬の1つだとは言われています。それでも5%未満の頻度で眠気の出ることがあるようです。

ただし、薬の効き方は個人差が大きく実際に飲んでみないと、眠くなるかどうかは分かりません。数字だけで判断はできないのです。でも車の運転や高所作業をされる方は注意が必要なのは確かです。
抗ヒスタミン薬は口が乾くなどの副作用があります。これを抗コリン作用と呼びます。ザイザルは第二世代というカテゴリーに入り、抗コリン作用は少ないです。ただし、これも起こる可能性が全くゼロというわけではありません。

子供でも飲むことはできるの?

子供でも飲めます。ザイザルは錠剤のほかにシロップもあり、小児科などで処方してくれます。錠剤の場合は7歳以上15歳未満のお子さんで1回2.5mgを1日2回朝食後、寝る前で飲みます。5mgしか販売されていないので、調剤薬局では5mgを半分にして用意してくれます。シロップは6か月以上のお子さんであれば飲むことができます。

6か月以上1歳未満で1日1回2.5ml、1歳以上7歳未満で1回2.5mlを1日2回朝食後、寝る前に飲みます。シロップは甘く、そんなに癖も無いので比較的飲みやすいと思います。

気になるお値段は?

ザイザルの1錠は薬価が96.4円です。1日2回タイプで現在多く使われているアレグラ(1錠64.9円x1日2回)やアレロック(1錠51.5円x1日2回)等と比較すると1日1回のザイザルの方がお安い事が分かります。
1日1回飲むだけで1日中効果が続くということ、1日2回タイプよりは割安であることはメリットですよね。

いかがでしたか?辛い花粉症でお悩みの皆さん。ザイザルを一度試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
【無料公開中!バストアップ法】
【無料公開中!バストアップ法】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
人の役に立つ、そして広める。ー La beele ー

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

ドモホリンクル