少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

大根の栄養と効能が美容美肌に効果抜群!大根おろしが超おすすめ

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

スポンサーリンク
化粧する女性

大根の栄養と効能が美容美肌に効果抜群!大根おろしが超おすすめ

スポンサーリンク

大根の栄養と効能が美容美肌に効果抜群

冬の野菜・大根の旬は11月から2月とされていますが、近年は1年中、店頭に並び、いつでも食べることができます。
煮物やおでん、漬物、サラダなど様々な料理に利用されますが、あまり栄養価が高いイメージがありませんよね。
そんな大根の栄養と効能を紹介したいと思います。

大根とは

大根はアブラナ科ダイコン属の越年草、淡色野菜に分類されます。
種類は多く、桜島大根や聖護院大根など地方によって形や大きさの異なる様々は品種が栽培されています。

大根の原産地は地中海地方や中東です。古代エジプトでは、ピラミッド建設労働者が今のハツカダイコンに近いものを食料としていたそうです。
その後ユーラシアの各地へ伝わり、日本には弥生時代には伝わっていたとされています。
江戸時代には江戸近郊である板橋・練馬・浦和・三浦半島辺りが特産地で、特に練馬大根が有名でした。

大根の栄養素

大根はビタミンやミネラルを多く含んでいますが、そのほとんどが根である大根本体より葉に含まれています。
大根の葉はビタミンAを多く含み、青汁の原料としても使われています。
汁はビタミンCやジアスターゼを多く含んでいます。

大根の効能

大根に含まれるジアスターゼは消化を助け、ダイエットやアンチエイジング効果があるとされています。
直接肌につけるとニキビ予防など美肌効果もあるとのことでです・
また、大根の葉にはβカロチンが多く含まれています。
βカロチンと言えば抗酸化作用に効果があり。抗がん作用や生活習慣病の予防になります。
ビタミンCも多くしみ、しわを防止してくれます。

さらに、お酒を飲む人に嬉しいのは、二日酔いの胸焼けに効果があるのです。
大根おろしを食べると胃の不快感が解消し、ビタミンCが肝臓の働きを高めてくれます。

大根の効果的な食べ方

大根は煮物、おでんなど火を通して食べることが多いですが、栄養素を効率よく摂るには生で食べるほうがよいのです。

しかも、生サラダよる、大根おろしがおすすめです。
大根おろしって焼き魚とか鍋の薬味くらいしか思い浮かびませんが納豆やなめこ、もずくなど、自分でアレンジしていろいろな食材とあわせて食べるのもいいですね。
意外にすごく美味しい食べ方をあみ出してしまうかもしれません、

何故大根おろしなのか

大根に含まれるイソチオシアネートという辛味成分が重要な役割を果たしています。
イソチオシアネートは大根の先端部分や皮に多く含まれています。
そのため、大根おろしにするときには、先端部分を皮ごとおろすといいでしょう。
辛味成分が代謝を促し、ダイエット効果をアップされせてくれます。
皮にはベタミンCも多く含まれていますから、さらに美肌効果も期待できます。

個人的におすすめの食べ方

野菜を生で食べるとなると胃に負担がかかるのではないかと心配です。
そこで、我が家では大根と人参に大葉を加えて三色なますにして食べています。
実は、この料理は入院した時に病院食として出されたものをまねして作っています。
栄養士さんが作る料理ですから、健康にいいのは間違いないはずです。
自分は常備食として作り置きしていて、朝晩、毎日食べています。
日持ちもするのでオススメです。
また、酢の効果を得られることから一石二鳥なのです。

大根は淡色野菜でその多くが水分、栄養素はほとんどないのかなと思っていました。
ところが、つい捨ててしまいがちな葉や皮の部分に栄養成分が含まれていたのです。
大根を1本買って、すべて食べきることで、健康、そして美容効果も期待できます。
生で食べることにこだわらず、いろいろな料理で美味しく食べるといいでしょう。
大根は女性にうれしい効果を与えてくれる万能の野菜、毎日食べていつまでも健康で若々しくありたいですね。

スポンサーリンク
【無料公開中!バストアップ法】
【無料公開中!バストアップ法】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
人の役に立つ、そして広める。ー La beele ー

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

ドモホリンクル