少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

レジオネラ菌は公衆浴場や銭湯でも感染する!症状と家庭での予防法

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

スポンサーリンク

レジオネラ菌は公衆浴場や銭湯でも感染する!症状と家庭での予防法

スポンサーリンク

初夏に要注意のレジオネラ菌

銭湯や、温泉施設でレジオネラ菌による集団感染が起こり、何人もの方が亡くなった。こんなニュースを耳にした経験はありませんか?
自分の家のお風呂はキレイだし、私には関係ない話でしょ?と思ったあなた、大きな間違いです。ご家庭でもレジオネラ菌の被害に逢う恐れはあるのです。
今回はレジオネラ菌の危険性と家庭での予防方法についてお話しをしていこうと思います。

レジオネラ菌って何?

レジオネラ菌は自然界に広く存在しています。土の中や水の中など、実はどこにでもいる身近な細菌です。
特に増殖する温度が20~50℃くらいです。運の悪いことに私たちが気持ち良いと感じるお風呂の温度が丁度レジオネラ菌にとっても最適な温度なんです。

レジオネラ菌は24時間風呂(循環式浴槽)や給湯器の中、ビルの屋上などにあるエアコンの冷却塔、公園の噴水など水の貯まった場所で増殖します。水が澱んだところではバイオフィルムと呼ばれるアメーバの作り出したぬめりができます。レジオネラ菌はこのぬめりの中で増殖します。梅雨~夏にかけて、つまり初夏に感染者が増えてしまいます。この時期は湿気が多く、温度も高いのでレジオネラ菌が増えるのに好都合なのです。

どうやって感染する?

レジオネラ菌は細かい水滴(エアロゾル)の中に漂い、それを肺の中に吸い込むことで感染を引き起こします。
エアロゾルはシャワーやジャグジー、ジェットバス、加湿器等によって発生します。水がミスト状になるものには注意が必要ということです。
レジオネラ菌は通常は感染力は弱く、健康な人が吸い込んだとしても病気を発症することはほとんどありません。ところが小さな子供や高齢者など抵抗力の弱い人、病気やケガなどで抵抗力が落ちている人は発病の恐れがあります。

感染するとどうなる?

感染した場合に起こる症状は2つに分けることができます。
一つ目はポンティアック熱です。主な症状は発熱、咳、頭痛など一見すると風邪と似た症状を現します。軽症で数日間で症状は治まります。
二つ目がレジオネラ肺炎です。症状は高熱、呼吸困難、意識障害、下痢など。こちらは治療しないと急激に悪化し亡くなることもある恐ろしい症状です。

レジオネラ菌の感染を予防するには

家庭での対策はお風呂をきれいにすることに尽きます。浴室のタイルや排水溝、シャワーヘッドにぬめりがある場合はそれを取り除きましょう。浴槽の水も貯めたままにせず出来るだけ毎日お湯を張り替えることが重要となります。24時間風呂タイプのご家庭では念入りな掃除が求められます。塩素消毒はある程度有効ですが、ぬめりができてしまうと中のレジオネラ菌まで塩素が届きません。まず、ぬめりを作らせない、取り除くことが一番の予防策となります。

レジオネラ菌感染の恐れがあるのはお風呂だけではありません。ご家庭で加湿器を使っている人も注意してください。特に加熱方式ではないタイプ(超音波加湿器)はレジオネラ菌が増殖しやすいので水の交換、フィルタの掃除が重要です。
入浴施設に行く場合は循環式より源泉かけ流しの方がレジオネラ菌感染のリスクが低いとされています。レジオネラ菌は60℃以上になると死んでしまうので循環式でも60℃以上に加熱しているところや源泉が60℃以上ある施設を選ぶのが良いでしょう。

もし感染してしまったら?

感染してしまった場合は、薬で治療ができます。抗生物質は効果が無く、エリスロマイシン、リファンピシン、ニューキノロンなどの抗菌薬を使用します。
適切に治療をしなかった場合は1週間くらいで亡くなってしまうこともあるので、速やかに医療機関を受診する必要があります。

いかがでしたか?自分の家には関係ないと思っていた方も、夏が始まる前に今からレジオネラ菌対策を始めましょう。

スポンサーリンク
【無料公開中!バストアップ法】
【無料公開中!バストアップ法】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
人の役に立つ、そして広める。ー La beele ー

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

ドモホリンクル