少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

太ももの筋肉痛を早く治すに大事な3つのポイント

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

スポンサーリンク
完璧な男性

太ももの筋肉痛を早く治すに大事な3つのポイント

スポンサーリンク

太ももの筋肉痛を早く治すには何が大事?

筋肉痛は怪我と一緒です。
なので、1番なすることは「安静」です。
とにかく、「筋肉痛」でも痛みが出たら「安静」にすることをお勧めします。
2番目にすることは「アイシング(氷で冷やす)」です。「筋肉痛」は筋肉の炎症なので、熱を持ちやすくなります。熱を持った筋肉に対しては「アイシング(氷で冷やす)」事が大切になります。

氷嚢などを持っている方は、氷嚢を使うのが一番良いですが、なかなか氷嚢を持っている方は少ないと思います。
なので、ビニール袋に氷を入れて袋の中の空気を抜きます。空気を抜かないと氷が解け始めた時に氷が皮膚に当たりづらくなるからです。時間は約20分します。途中で冷やしているので、痛みが出てきますが、それは我慢して乗り越えてください。しかし、皮膚を見てとても赤みをおびていたら止めた方が良いです。

「アイシング(氷で冷やす)」事が終わったら、3番目にストレッチです。
今回は太ももなので、太ももの前と後ろのストレッチ方法を紹介します。
まずは、太ももの前のストレッチ法です。立ってする場合と床に座ってする方法があります。

まず、立ってする場合です。片足立ちになるので片足立ちをして不安定な方は、壁に手を置くか手すりなどを使うようにしてください。右の太ももを伸ばす方法で説明します。右ひざを曲げて後ろで右手で右の足のつま先を握ります。

そうするとモモの前の筋肉が伸びてきます。痛気持ちいいところまで右足の踵をお尻付近まで近付けて行きます。その時に息は止めないように「フーッ」と吐きます。その状態を20秒から30秒続けます。

次に立ってするのが不安定の方に対しての方法です。まず、床に座ります。膝を曲げて足先がお尻のところに来るようにします。(片足だけで正座をするような形)
そこから、息を吐きながら上半身を手で支えながらゆっくりと後ろに寝そべるような体制に持っていきます。その途中でモモの前の筋肉が伸びてきます。

次にモモの後ろの筋肉を伸ばしていきます。立って行う場合は、要は体力テストでも行う。「立位体前屈」のような動きです。これも息を吐きながら前に状態を倒していきます。注意点は、息を止めずに「フーッ」と吐いて行います。

座ってする方法は、今は高齢者が多くなってきているため高齢者に体力測定を行うときにもちいられている「長座体前屈」の動きをします。床に座り膝が曲がらないように「フーッ」と息を吐きながらモモ裏の筋肉を伸ばします。これも痛気持ちいいぐらいの場所で止めます。

これも20秒から30秒伸ばします。
基本的に「ストレッチ」はどの場所を伸ばすにも、「痛気持ち良いところまで」と「20秒から30秒伸ばす」のと「息を止めない」事が大切になってきます。

もし「ストレッチ」をしても良くならなかった場合は、こういう方法もあります。
前後ろの順番は「疲れているなぁ。筋肉痛がひどいなぁ。」と思う方を先に伸ばしストレッチします。

私は元整体師で多くの方の痛みを取ってきました。「肩こり」、「腰痛」、最後に「筋肉痛」までも取ってきました。
「筋肉痛」、痛みは単純に考えて、「筋肉に傷がある。」と考えます。その傷口を手で押さえて、動かすと「筋肉痛」は取れてきます。

でも、身体の状態が良くないとなかなか取れません。その身体の良い状態の内容は、「運動」、「栄養」、「休養」、「ストレス」、「姿勢」です。
この5つのバランスが良くないと、「痛み」はなかなか取れません。
最後に、「痛み」はすべてのバランスが良くないと取れないものです。そのことを意識しながら生活していくと、「痛み」に悩む事がなくなると思います。

スポンサーリンク
【無料公開中!バストアップ法】
【無料公開中!バストアップ法】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
人の役に立つ、そして広める。ー La beele ー

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

ドモホリンクル