少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

足首やくるぶしが急に痛むのは何が原因?疑いがある病気

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

スポンサーリンク

足首やくるぶしが急に痛むのは何が原因?疑いがある病気

スポンサーリンク

足首やくるぶしが急に痛むのは何が原因?

足首やくるぶしが痛む原因はいろいろな要因が考えられます。子供であれば体の成長と一緒に骨格も成長するため痛みを感じることもありますが、大人の場合は症状によっては病気を疑う必要も出てくるので注意が必要です。今回は足首が痛む原因について詳しくご紹介します。

外的な要因によって起こる痛み

足首の痛みは日常生活の中で発症するケースも少なくありません。まず一つ目に考えられるのは捻挫です。捻挫はスポーツなど体を動かしている時に起こりやすいとされていますが、普段の何気ない生活の中でも同様に、自分では気が付かないうちに捻挫をしていることもあります。

また、外出時に履く靴のサイズが自分の足に合っていない場合も、くるぶしに負担が掛かってしまって結果的に足首を痛める原因となってしまうのです。そのほかにも、仕事や生活の中で足に負担を掛けていると知らぬ間に疲労が蓄積して痛みを感じ始めます。この状態を放置してしまうと疲労骨折に繋がることもあるので気をつけなくてはいけません。

体の内側の原因による痛み

外的な要因以外にも、栄養面や精神的な理由で痛みを感じることもあります。まず一つ目の原因は食生活の乱れによる痛風です。痛風を持っている人は血液内の尿酸の量が高くなってしまうことが多く、そういった時に足の甲から足首にかけて針で刺されたような痛みを感じます。

また、生活の中でストレスを溜めやすい人もストレスによって血行不良に陥りやすく、その結果足首付近の血流が悪くなって痛みを感じるケースもあるのです。そのほかにも、女性に多い冷え性を抱えている人も手や足付近の血流が悪くなることで痛みを発症します。

足首の痛みから考えられる病気

足首の痛みで比較的多いとされるのが、アキレス腱周囲炎という病気です。これは日々アキレス腱を酷使していることで疲労が蓄積してアキレス腱周辺が炎症を起こしてしまうとされています。

この病気は慢性的に足に負担が掛かっている人に多い病気で、スポーツ選手だけでなく販売員など1日を通して立ち続けている仕事もなりやすいので注意が必要です。次にリウマチによる痛みです。リウマチは足首だけでなく、周辺の関節にも痛みを感じるのでアキレス腱周囲炎との違いはこれで判断ができます。

リウマチは適切な治療を受けないと、関節の痛みが全身に広がったり発熱などを引き起こすこともあるので早めに病院で治療を受けることが大切です。

より重度な症状を発症する病気

足首の痛みによる病気の中には自然に治らない物もあって、医師による適切な診察を必要とすることもあります。まずアキレス腱の断裂ですが、こちらはその名の通り激しい衝撃によってアキレス腱が断裂した状態です。

アキレス腱周囲炎とは異なり断裂してしまうと自然に完治はしません。もし足首全体に激痛を感じる症状が出たら、すぐに病院で診察を受けることが必要です。もう一つが急性動脈閉塞症になります。この病気は一般的に知られていませんが、血栓という血液が固まった状態のことです。こちらも放置によっていろいろな別の症状に繋がることもあるので、早期の病院での診察が望ましいといえます。

人間は生活の中で歩いたり立ったりと当たり前に足を使っています。何気ない階段の上り下りや立ち仕事などで知らぬ間に足首への疲労が溜まってしまっているのです。そのため、入浴時に手で揉むようにしたり、体のケアと同時に足を労わることも大切といえます。

スポンサーリンク
【無料公開中!バストアップ法】
【無料公開中!バストアップ法】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
人の役に立つ、そして広める。ー La beele ー

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

ドモホリンクル