少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

チョコレートの「準」と「生」の違い!生チョコは日本発祥だった

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

スポンサーリンク
隠し事をする女性

チョコレートの「準」と「生」の違い!生チョコは日本発祥だった

スポンサーリンク

チョコレートと準チョコレートと生チョコレートの3つの違い

チョコレートの種類に準チョコレートと生チョコレートが有りますが、これら2種類は普通のチョコレートとどう違うのでしょうか。
チョコレートと準チョコレートと生チョコレートの、違いについて説明します。

チョコレートの定義

まず初めにチョコレートの定義ですが、焙煎した35%以上のカカオか21%以上のカカオに乳固形分を入れた合計が35%以上になる成分を使っています。
その焙煎したカカオ(カカオマス)に、砂糖と粉乳とココアバター等を入れて練った食品の事を指すのです。

それでビターチョコレートは甘味を出す糖分等の割合が少ないか、カカオ100%で作られた苦味の強いチョコレートの事になります。
またスイートチョコレートは粉乳を使用していない物で、ミルクチョコレートは粉乳が入れられた物です。

セミスイートチョコレートはミルクチョコレートよりかは少ないけれど、多少は粉乳が含まれているチョコレートとなります。
それとチョコレートを使用して作ったお菓子も、チョコレートに分類されるのです。

準チョコレートはカカオ成分が少ない

続いて準チョコレートの基準は、カカオ15%以上及びカカオ7%以上に12.5%以上の乳固形分を含めた物となっています。
また準チョコレートを生地に60%以下で使用した、チョコレート系のお菓子も該当します。
つまり準チョコレートと普通のチョコレートの違いは、カカオの配合量及びそれを補う乳固形分の量の差だったのです。

ちなみに味はチョコレートの方が香ばしく、準チョコレートの方が食べた瞬間の甘さが強いです。
また滑らかさとまろやかさはチョコレートの方が上で、準チョコレートは比較的あっさりとした舌触りに感じるでしょう。

生チョコレートは生クリームが入っている

そして生チョコレートですがチョコレートに生クリームを混ぜた物で、別名をガナッシュと言います。
市販のチョコレートに生クリームを加えて冷やし固めるだけで簡単に作れるので、お菓子作り(バレンタイン等)の定番となっています。

すなわちチョコレートにひと手間加えたのが、生チョコレートという事になるでしょう。
それと名前は生クリームを入れたチョコレートを略して「生チョコレート」になり、さらに省略して「生チョコ」と呼ばれているのです。
食感はチョコレートや準チョコレートよりも柔らかで、口の中でとろけるような感じを味わえます。

あと生チョコレートを丸めた物を「トリュフ」と言うのですが、トリュフはフランス発症で生チョコレートは日本発祥なのです。

まとめ

生チョコレートと普通のチョコレートの違いは見た目や食感で判断しやすいですが、準チョコレートと普通のチョコレートの違いは分かりにくいでしょう。
しかし成分を確かめて見れば、その違いが良く分かると思われます。

それと成分に着目しながら食べると、味もかなり違って感じるのでは無いでしょうか。
もしかするとチョコレートだと思っていたのが準チョコレートだったり、生チョコレートとは考えていなかったお菓子が生チョコレートのお菓子だったりするかも知れません。
意外でしょうが安くて小さくて昔からヒットしているあの「チロルチョコ」は、準チョコレートに当てはまっています。

ですから今度チョコレート系の食べ物を買う時は、成分を確かめて種類を確認するのがオススメです。

とは言えカカオを使用している事と製造の方法はほとんど変わりませんから、よほどのグルメで無ければどちらも美味しく頂けるでしょう。
もちろん生チョコレートにおいても、チョコレートが好物で有れば美味しく食べられますよ。

スポンサーリンク
【無料公開中!バストアップ法】
【無料公開中!バストアップ法】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
人の役に立つ、そして広める。ー La beele ー

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

ドモホリンクル