少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

高カカオチョコレートの効果と効能!1日の摂取目安量は25g

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

スポンサーリンク
SNSをする男性

高カカオチョコレートの効果と効能!1日の摂取目安量は25g

スポンサーリンク

高カカオチョコレートの効果と効能

最近話題の高カカオチョコレートの効果と効能、1日の摂取目安はどのくらいなのでしょうか。

チョコレートの成分はどのようなものなのでしょうか

チョコレートには抗酸化物質のカカオポリフェノールの他に、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラル分が含まれています。更に、食物繊維も多く含まれます。
また、フラボノイドやテオブロミンといった健康に良いとされる成分が含まれています。これらの成分はカカオが70%以上含まれているチョコレートに含まれています。これが高カカオチョコレートと呼ばれるものなのです。

カカオポリフェノールの効能

カカオポリフェノールの効能は、まず動脈硬化を防ぐと言うことです。お茶に含まれているカテキンに似た構造のエピカテキンとう成分が含まれており、これが善玉コレステロールを増やすことによって血圧を下げます。それにより動脈硬化を防ぐのです。

次に、抗酸化作用があるために、活性酸素によって引き起こされると言われるガン予防に効果が期待されています。また、活性酸素が引き起こすアレルギーやリウマチにも効果があります。花粉症で悩んでいる人にもお勧めです。(花粉症も活性酸素が原因という説があります)

また、カカオポリフェノールには、脳に多く存在するDHAの酸化防止にも効果があり、認知症の予防にも効果があるのではと期待されています。更に、紫外線から肌を守ることも抗酸化作用によるものです。

他にも、意外な効果として、肥満予防というものがあります。もちろん食べ過ぎはいけませんが、食前に食べることによって血糖値がすぐ上がるので、食欲が抑えられる効果があります。しかし、これはなにがしかの病気を持っている人は、主治医に相談してから食べるようにしましょう。

チョコレートを食べるときの注意点

肥満予防という効果を説明しましたが、高カカオチョコレートは普通のチョコレートに比べカロリーも脂質も高いので、食べる際には十分な注意が必要です。適量については、後ほど説明いたします。

また、カカオにはテオブロミンやカフェインが含まれます。これらは、リラックス効果や脂肪燃焼を促進するなどの効果があります。ですから摂取することに問題はありません。ただし、この成分はチョコレート以外にも、ココア(もちろんカカオでできていますから)やガムやお茶、コーヒー、コーラなどにも含まれています。

その成分は、取り過ぎると利尿作用や興奮作用を高めますので、注意が必要です。特に、チョコレートとコーヒーを一緒に摂る時には気をつけましょう。また、幼児や妊婦さんも注意する必要があります。そして、意外な弊害が頭痛に悩んでいる人に出ます。チョコレートに含まれるチラミンという物質には血管を収縮する作用があるため、食べ過ぎると偏頭痛を引き起こす可能性があるのです。

チョコレートの適切な1日の摂取量は?

高カカオチョコレートには100g(板チョコ1枚分)で、30代女性の1日分の脂質量が含まれています。他の食品でも脂質を摂りますから、1日に食べる高カカオチョコレートは50g以内、できれば25g位が理想的でしょう。

抗酸化作用のあるポリフェノールですが、摂取してから効果が数時間持続しますので、まとめて摂るのではなく、分けて摂ることをお勧めします。体に良いからと言ってむやみに摂取することは、逆効果になることもあります。十分に注意して摂るようにしましょう。

最後に、チョコレートは食べた後、なんとなくほっとできる食べ物です。それが体のために良いなら、適量を上手に摂って心も体も元気にしましょう。

スポンサーリンク
【無料公開中!バストアップ法】
【無料公開中!バストアップ法】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
【矯正してリバウンドしないダイエット公開中!】
人の役に立つ、そして広める。ー La beele ー

少しでもいいなと思ったらシェアしよう!あなたがシェアすることでたくさんの人に広がり、知ってもらえることで、またたくさんの人の役に立つ。

ドモホリンクル